症例

上顎前突

症例1

  • 治療前

    治療前
  • 治療後

    治療後

症例2

  • 治療前

    症例2治療前
  • 治療後

    症例2治療後

下顎を成長促進させ、抜歯することなく治療した症例

症例3

  • 治療前

    症例3治療前
  • 治療後

    症例3治療後

症例4

  • 治療前

    症例4治療前
  • 治療後

    症例4治療後

下顎前突

症例1

  • 治療前

    下顎前突症例1治療前
  • 治療後

    下顎前突症例1治療後

症例2

  • 治療前

    下顎前突症例2治療前
  • 治療後

    下顎前突症例2治療後

八重歯

症例:著しい八重歯の治療例

  • 治療前

    八重歯治療前
  • 治療後

    八重歯治療後

開咬

症例

  • 治療前

    開咬治療前
  • 治療後

    開咬治療後

開口には、2つのケースに分けて考える必要があります。ひとつは、指しゃぶりや低位舌等に起因する嚥下の舌の前方突出壁によって、前歯が開口にいたるもの(上顎前突をともなうことが多い)。もうひとつは臼歯部(奥歯)のスペース不足によって前歯が前に押し出され、結果的に舌の前方突出壁をともなうケース。永久歯列になってから治療を開始する場合、スペース不足を解消するために小臼歯の抜歯が必要となることがあります。下記症例は、抜歯ケースですがスペース不足という原因解消しているため、治療後は非常に安定しています。また、親知らずのみを抜歯することによって治療できるケースもあります。

叢生

症例1

  • 治療前

    叢生治療前
  • 治療後

    叢生治療後

症例2

  • 治療前

    叢生症例2治療前
  • 治療後

    叢生症例2治療後

症例3

  • 治療前

    叢生症例3治療前
  • 治療後

    叢生症例3治療後

症例4

  • 治療前

    叢生症例4治療前
  • 治療後

    叢生症例4治療後

過蓋咬合

  • 治療前

    過蓋咬合治療前
  • 治療後

    過蓋咬合治療後